作品紹介一覧へ戻る

重要文化財 四季花鳥図屏風

四季花鳥図屏風 左隻   四季花鳥図屏風 右隻

綴プロジェクトにより制作された高精細複製品の画像を使用しております。禁無断転載。

  •  狩野元信(かのうもとのぶ)筆
  •  時代:室町時代・16世紀
  •  材質:和紙に印刷・金箔貼付
  •  員数:六曲一双
  •  テーマ:歴史をひもとく文化財
  •  寸法:各隻 縦162.9×横359.6cm
  •  寄贈先:公益財団法人 白鶴美術館
  • (原本)
  •  所蔵:公益財団法人 白鶴美術館
  •  材質:紙本金地著色

解説

狩野元信は、初代正信の後継であり、狩野派の画風及び組織体制両面においての確立者である。本作品は、金地に極彩色で、右隻に松・桜・紅梅・牡丹、そして大画面の孔雀をはじめとした鷺・雀・鶉など春から夏にかけての変化を表し、左隻には紅葉した楓が描かれ、その下に積雪した笹・岩がみられる。主に、秋から冬の移り変わりが表現されている。元信が積極的に大和絵の領域に進出したことを示す、大画面金碧画の一例として知られる。

ニュース
過去のニュース

特定非営利活動法人 京都文化協会
キヤノン株式会社
「綴」文化財未来継承プロジェクト(綴プロジェクト)パートナー
お問い合わせ
メール

電話番号/ファックス番号情報

特定非営利活動法人 京都文化協会
〒600-8433
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町290
元京都市立成徳中学校 3階