作品紹介一覧へ戻る

重要文化財 山水図襖

山水図襖

綴プロジェクトにより制作された高精細複製品の画像を使用しております。禁無断転載。

  •  長谷川等伯(はせがわとうはく)筆
  •  時代:安土桃山時代・16世紀
  •  材質:和紙に印刷 雲母加工
  •  員数:襖三十二面中四面
  •  テーマ:歴史をひもとく文化財
  •  寸法:各縦177.0×横93.9cm
  •  寄贈先:高台寺 塔頭 圓徳院
  • (原本)
  •  所蔵:高台寺 塔頭 圓徳院
  •  材質:紙本墨画(雲母刷り唐紙に墨画)

解説

もとは大徳寺三玄院にあった襖で、高台寺圓徳院に移った三十二面のうち四面である。三玄院創建の天正17年(1589)長谷川等伯51歳の時の作品とされている。襖絵を描かきたいとの依頼を三玄院の開祖春屋宗園(しゅんおくそうえん)和尚に断られていた等伯が、ある日和尚の留守中に訪ね、周囲の制止も聞かずに一気に描き上げたという逸話が残る。雲母刷りの桐花紋のついた唐紙の上に描かれた珍しい作品で、一見素朴な風景も桐花紋を牡丹雪と見立てて眺めると雄大な冬景色へと昇華をとげる。のちに狩野派を脅かす等伯の円熟に達しようとする時期の所産である。

ニュース
過去のニュース

特定非営利活動法人 京都文化協会
キヤノン株式会社
「綴」文化財未来継承プロジェクト(綴プロジェクト)パートナー
お問い合わせ
メール

電話番号/ファックス番号情報

特定非営利活動法人 京都文化協会
〒600-8433
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町290
元京都市立成徳中学校 3階