作品紹介一覧へ戻る

国宝 神護寺三像

神護寺三像

綴プロジェクトにより制作された高精細複製品の画像を使用しております。禁無断転載。

  •  伝 藤原隆信(でん ふじわらのたかのぶ)筆
  •  時代:鎌倉時代 13世紀
  •  材質:絹本に印刷
  •  員数:掛軸一幅
  •  テーマ:歴史をひもとく文化財
  •  伝 藤原光能像 143 x 111.6 cm
  •  寄贈先:高野山真言宗遺迹本山 高雄山 神護寺(京都府京都市)
  • (原本)
  •  所蔵:高野山真言宗遺迹本山 高雄山 神護寺
  •  材質:絹本著色

解説

神護寺仙洞院に伝来した本作品は、平安末期の公卿で後白河院の近臣であった藤原光能の肖像画とされている。源頼朝、平重盛の肖像画と伝えられる二幅とあわせて「神護寺三像」と呼ばれ、日本肖像画の最高傑作の一つとして1951年に国宝指定を受けた。『神護寺略記』には、中央に後白河法皇像、その左右に源頼朝像、平重盛像、下座に平業房像、藤原光能像が、いずれも視線を法皇に向けて配されていたと記されている。このうち法皇像は室町時代の写しのみ、また業房像は現存していない。

ニュース
過去のニュース

特定非営利活動法人 京都文化協会
キヤノン株式会社
「綴」文化財未来継承プロジェクト(綴プロジェクト)パートナー
お問い合わせ
メール

電話番号/ファックス番号情報

特定非営利活動法人 京都文化協会
〒600-8433
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町290
元京都市立成徳中学校 3階