作品紹介一覧へ戻る

重要文化財 雲龍図襖 礼の間北側4面

雲龍図襖 礼の間北側4面

綴プロジェクトにより制作された高精細複製品の画像を使用しております。禁無断転載。

  •  海北友松(かいほうゆうしょう)筆
  •  時代:安土桃山時代・16世紀
  •  材質:和紙に印刷
  •  員数:襖四面
  •  テーマ:歴史をひもとく文化財
  •  寸法:四幅:各縦186.0 ×横133.0cm
  •  寄贈先:大本山 建仁寺(京都府京都市)
  • (原本)
  •  所蔵:大本山 建仁寺
  •  材質:紙本墨画

解説

近世初期の建仁寺復興にからんで海北友松が制作した日本を代表する水墨画群、重要文化財「建仁寺方丈障壁画」50面のうち礼の間を飾る8面の襖絵。 建仁寺方丈に招かれた客が最初に通される礼の間に於いて、北面には咆哮とともに雲間から出現する龍が、西面には待ち構えるように睨みをきかす龍が、それぞれに雲を従えながら圧倒的な迫力をもって描かれている。近世以来武門・禅門に特に好まれた龍を画題として、力量の試される大画面に余すことなく描きあげた本作品は、海北友松の得意とする水墨の龍の中でも随一の作品と言える。

ニュース
過去のニュース

特定非営利活動法人 京都文化協会
キヤノン株式会社
「綴」文化財未来継承プロジェクト(綴プロジェクト)パートナー
お問い合わせ
メール

電話番号/ファックス番号情報

特定非営利活動法人 京都文化協会
〒600-8433
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町290
元京都市立成徳中学校 3階