作品紹介一覧へ戻る

雲龍図屏風

雲龍図屏風 左隻   雲龍図屏風 右隻

綴プロジェクトにより制作された高精細複製品の画像を使用しております。禁無断転載。

  •  俵屋宗達(たわらやそうたつ)筆
  •  江戸時代 17世紀
  •  材質:和紙に印刷
  •  員数:六曲一双
  •  テーマ:海外に渡った日本の文化財財
  •  寸法:各隻 縦171.5 x 横374.3 cm
  •  寄贈先:東京藝術大学大学美術館(東京都台東区)
  • (原本)
  •  所蔵:フリーア美術館
  •  材質:紙本墨画

解説

「法橋宗達」の落款と「対青」の印章が捺されるこの雲龍図屏風は、 宗達筆作品と認められる数少ない真筆のひとつで、大画面水墨画として は唯一の作例である。左右各隻に向かい合うように龍を配し、雲や海の 波間を片方の龍が上昇、もう片方が下降して対峙する。たらしこみの技法により描かれている雲は明暗のコントラストが際立ち、奥行きを表現する。作者である宗達は江戸時代初期の画家で、京都で俵屋という絵屋を構えていた。生没年や生涯については不明な点が多い。屏風や障壁画を手がけるようになったのは1620年以降の画家の後半期と考えられている

ニュース
過去のニュース

特定非営利活動法人 京都文化協会
キヤノン株式会社
「綴」文化財未来継承プロジェクト(綴プロジェクト)パートナー
お問い合わせ
メール

電話番号/ファックス番号情報

特定非営利活動法人 京都文化協会
〒600-8433
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町290
元京都市立成徳中学校 3階