作品紹介一覧へ戻る

国宝 雪松図屏風

雪松図屏風風 左隻   雪松図屏風 右隻

綴プロジェクトにより制作された高精細複製品の画像を使用しております。禁無断転載。

  •  円山応挙(まるやまおうきょ)筆
  •  江戸時代 18世紀頃
  •  材質:和紙に印刷・金彩
  •  員数:六曲一双
  •  テーマ:歴史をひもとく文化財
  •  寸法:各隻 縦155.5 x 横362 cm
  •  寄贈先:三井記念美術館(東京都中央区)
  • (原本)
  •  所蔵:三井記念美術館
  •  材質:紙本墨画金彩

解説

国宝「雪松図屏風」は京都、大阪、江戸で大規模な呉服商と両替店を営んでいた三井家の依頼により制作されたものと考えられる。描かれるモチーフは、常緑樹で長寿や吉祥を象徴するお祝の意味を持つ松に、新しさの象徴である雪。そして金泥で表現される大気の神々しさが加わり、清々しい冬の朝の情景が広がる。作者である円山応挙は、江戸中期に活躍した絵師で、円山派の祖として知られている。

ニュース
過去のニュース

特定非営利活動法人 京都文化協会
キヤノン株式会社
「綴」文化財未来継承プロジェクト(綴プロジェクト)パートナー
お問い合わせ
メール

電話番号/ファックス番号情報

特定非営利活動法人 京都文化協会
〒600-8433
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町290
元京都市立成徳中学校 3階