作品紹介一覧へ戻る

竹林七賢図襖 室中十六面

竹林七賢図襖 室中十六面

綴プロジェクトにより制作された高精細複製品の画像を使用しております。禁無断転載。

  •  海北友松(かいほうゆうしょう)筆
  •  時代:安土桃山時代・16世紀
  •  材質:和紙に印刷
  •  員数:襖十六面
  •  テーマ:歴史をひもとく文化財
  •  寸法:八面:各縦197.0 × 横187.0 cm
    四面:各縦187.0 × 横159.5 cm
    四面:各縦187.0 × 横89.0 cm
  •  寄贈先:大本山 建仁寺(京都府京都市)
  • (原本)
  •  所蔵:大本山 建仁寺
  •  材質:紙本墨画

解説

近世初期の建仁寺復興にからんで海北友松が制作した建仁寺方丈障壁画50面のうち室中の間を飾る16面の襖絵。竹林七賢とは、中国の魏晋の時代(3世紀半ば)国難を避け、竹林の中に入り、酒をお飲み、楽を奏で、清談(俗世から超越した談論)にふける七人の賢者のこと。当時の権力者である司馬一族による礼教政治(言論の自由が許されない)を批判していたといわれ、その自由奔放な言動が後世の人々から敬愛されたと伝わる。海北友松は、袋絵または袋人物といわれる、あたかも風をはらんだ袋のような衣をつけた人物画を得意としており、本作『竹林七賢図』はその代表といえる。

ニュース
過去のニュース

特定非営利活動法人 京都文化協会
キヤノン株式会社
「綴」文化財未来継承プロジェクト(綴プロジェクト)パートナー
お問い合わせ
メール

電話番号/ファックス番号情報

特定非営利活動法人 京都文化協会
〒600-8433
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町290
元京都市立成徳中学校 3階