作品紹介一覧へ戻る

梅・柳に遊禽図襖 十四面

梅・柳に遊禽図襖 十四面
梅・柳に遊禽図襖 十四面
梅・柳に遊禽図襖 十四面

綴プロジェクトにより制作された高精細複製品の画像を使用しております。禁無断転載。

  •  狩野山楽・山雪(かのうさんらく・さんせつ)筆
  •  時代:江戸時代 17世紀
  •  材質:和紙に印刷・金箔貼付
  •  員数:襖十四面
  •  テーマ:歴史をひもとく文化財
  •  寸法:上間二の間
  •     南側4面 本紙各 縦 178.8 ㎝ × 横 87.4 ㎝
  •     西側6面 本紙各 縦 178.8 ㎝ × 横 83.8 ㎝
  •     北側4面 縦 184.2 ㎝ × 横 93.9 ㎝
  •  寄贈先:臨済宗妙心寺派 天球院(京都府京都市)
  • (原本)
  •  所蔵:臨済宗妙心寺派 天球院
  •  材質:紙本金地着色

解説

重要文化財。天球院上間二の間は、梅に山鳥や雉などを描く襖8面と柳や白鷺を主とする舞良戸10面の計18面で構成され、全体で春と冬、二つの季節が表現されていることがわかる。特に注目すべきは天球院方丈障壁画のうち最も著名な「梅花遊禽図襖」(北側4面)であろう。上下に蛇行する梅の幹は、旧天祥院障壁画で現在アメリカ・メトロポリタン美術館に所蔵される山雪晩年の傑作、「老梅図襖」を予告するかのような構図となっており大変興味深い。

ニュース
過去のニュース

特定非営利活動法人 京都文化協会
キヤノン株式会社
「綴」文化財未来継承プロジェクト(綴プロジェクト)パートナー
お問い合わせ
メール

電話番号/ファックス番号情報

特定非営利活動法人 京都文化協会
〒600-8433
京都市下京区高辻通室町西入繁昌町290
元京都市立成徳中学校 3階